スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひとりマトリョミンduo「リョン♪リョンズ」(余興)、って何?

  • 2005/03/03(木) 20:23:06

Mandarin Electronから送られてきた「☆賃貸人格氏のマトリョミン、テルミン演奏」のお知らせメール、昨夜届いて今夜演奏会というジャストオンタイムというか遅すぎメールですが、どのみち行けはしないので別にがっかりもしません。でも見てみたい、聞いてみたい、「ひとりマトリョミンduo」って一体何?こちろうさんの「テルミンとJAZZ」には「私は壁越しにわずかに聞こえるその音を、2台のマトリョミンとしか思えなかった。後でその実態を聞いてもにわかに信じがたかった。それくらいびっくりする。なにしろ、一人なのにduoなのだ。」と書かれている。これっていったいどういうこと?

050303s.jpg

ミニテルミンをマトリョミンと仮定して、上の写真の様に2台のマトリョミンを両手で演奏するの?それとも、1台のマトリョミンでホーミーみたいに2台分演奏するの?誰か教えて下さい!

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ホーミーホーミー(フーミーとも)は、アルタイ山脈周辺民族の間に伝わる喉歌と呼ばれる歌唱法のうち、西部モンゴル諸族(モンゴル国西部、中国新疆ウイグル自治区北部に居住)に伝わるものの呼称。一般に、緊張した喉から発せられる笛のような声のことを指す。語源はモンゴ

  • From: アジア音楽フェアー |
  • 2007/10/04(木) 18:59:26

この記事に対するコメント

ねたバレ

あとで賃貸人格さんに怒られるかもしれませんが、ガマンできないので、言ってしまおーっと。

それはマトリョミンを弾きながら、それとハーモニーをとりながら唄ってしまうのです。
しかも、賃貸人格さんの衣装は、ほぼマトリョーシカ!。

私が聞いたのは、マトリョミン検定試験会場の外。自由曲でやってらしたらしいのですが、てっきり竹内先生と二人でDuo演奏しているものだと思いこんでました。

  • 投稿者: こちろう
  • 2005/03/03(木) 21:55:35
  • [編集]

そういうことでしたか

試しにやってみました。自分で声を出してしまうと、マトリョミンの音と自分の声と同時に処理しなくてはならないからとても難しい。ところで達人の中には左右の手で2台のマトリョミンを演奏する方もいますかね?

  • 投稿者: テルオ&マトコ
  • 2005/03/04(金) 07:34:05
  • [編集]

>左右の手で2台のマトリョミンを演奏
これはできたらすごいですねー。見たことも聞いたこともありません。

  • 投稿者: こちろう
  • 2005/03/04(金) 12:49:41
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。