スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『テルミン エーテル音楽と20世紀ロシアを生きた男』

  • 2005/03/29(火) 07:34:59

村の図書室に頼んでおいた『テルミン エーテル音楽と20世紀ロシアを生きた男』(竹内正実著 岳陽舎 2000年)がようやく届いた。050327s.jpg

レフ・テルミン氏の数奇な生涯とその魅力を描いた映画『テルミン』も十分面白かったが、この本はさらに詳細にテルミン氏の一生を伝えている。その人生はまさに小説よりも奇なりを地で行くもので、テルミンという楽器は彼が生み出した数々の奇想天外な発明機器の中の一つに過ぎないことが分かる。ただし、トランジスタ化されたとは言え原形のまま時代を超えて生き残ったのはクララ・ロックモアという演奏家によるところが大きいのだろう。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。