スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログ・レイアウトについてのお願い

  • 2005/07/24(日) 14:41:48

20日のエントリーにも書いたように、最近テンプレートを変えて、さらに見やすいようにと思いちょこちょことカスタマイズしているのですが、OSとブラウザ環境の組み合わせによっては裏目に出てしまう場合もあるようです。くやしいけどWIN環境での見え方を無視できないので、レイアウトとか表示とかが変だなと感じた方はぜひぜひコメント欄へOS名およびブラウザ名とどのように見えているかをお知らせください、お願いします。

お礼:その後、みなさんから見え方情報をフィードバックして頂いた結果、基本的なブラウズ環境であれば大丈夫そうなことがわかりました。情報をお寄せ頂いたみなさん、ありがとうございました。

スポンサーサイト

自覚

  • 2005/07/22(金) 20:26:39

7月19日のエントリー『毎回チューニン方法から復習』に「、、、いつまでチューニングをしているのかと思っていたら、途中からは演奏だったらしい。」と書いたところ、「ひどいダンナだ」とwasanegiに言われた。このことをマトコに伝えたら、「多少の脚色はあるけど、だいたいそんなものだからね」と本人が一番自覚しておりました。

骨折の話題をもうひとつ

  • 2005/07/21(木) 22:09:37

7月18日のエントリー『雑音の隙間からオムトン』へ、自転車乗りのすなっぷすてぃっくさんから鎖骨が折れているというコメントをいただいていました。その話につられたわけではないのですが、骨折の話題をもう一つ。今度は私自身で、どうも昨日仕事中に右側の肋骨を骨折してしまったようです。よりによって、wasanegiのところにいるバカヤローにやられました。うっかり膝蹴りを喰らってしまった自分がいけないのですが。

CD『Giftー溝口竜也 テルミン作品集』

  • 2005/07/20(水) 21:18:01

私はいったいこのCD『Giftー溝口竜也 テルミン作品集』をどこで知ったのだろうか?
Gift

テルミン関連のブログを渡り歩いている中で見つけたのには違いないのだが。溝口竜也さん(溝口竜也ホームページ)は昨年12月、38歳の若さで夭折したテルミニスト。テルミンのための曲をたくさん作曲しているそうで、このCDは残されていた音源を友人たちが編集して作製したものだそうです。ちなみに、1999年から竹内正実さんの指導を受けたとあります。
 「たゆたう」という曲、先日6月19日のFOT東京サロンでcinnabonさんのギターにクリテツさんのテルミンで聞かせてもらった「海へ」の流れる風のような音。
 このCDの購入方法は「溝口竜也ホームページ」の「CD etc」にあります。

テンプレートを変えました

  • 2005/07/20(水) 00:26:27

テンプレートを変えて気分も一新しようと思います。Safari以外のブラウザでもちゃんと表示されているでしょうか?これまでに確認したところでは、
 WindowsXP+InternetExplorer(version不明)
 MacOSXv10.4+Safari2.0
では大丈夫ですが、
 MacOSXv10.4+InternetExplorerv5.2
ではレイアウトがおかしくなります。

百均のAMラジオ2つでテルミンを作れるそうですが、、、

  • 2005/07/20(水) 00:03:30

こちろうさんのブログでも紹介されている、TAK・テルミン・ラボ主宰者でテルミン「e-winds」開発製造者である新沼好文さんによる『テルミン設計者が語るテルミンのイロハ』(フレンズオブテルミンの会報THE ETHER TIMES最新号(No.28・2005.7.15号)掲載)、回路の話なのでほとんど理解できないのだが、読んでいて面白い。「テルミンは発音させるだけのものなら、比較的簡単に作ることができるが、楽器として通用するものを作るのには大変な困難を伴う」という話、XeccoミニテルミンXMT-2開発者のO氏も「音を出すだけならば百均でAMラジオを二つ買ってくればテルミンを作れます。ただし、楽器として使えるかとなるとノウハウが必要」と、同じ事を言われていました。

毎回チューニング方法から復習

  • 2005/07/19(火) 23:04:54

帰宅すると珍しくテーブルの上にマトチャンが立っている。1ヶ月に1回くらいはマトコも練習をする気になるらしい。「チューニング方法を忘れたのでこれから
マンダリンエレクトロンのホームページを調べる」ところだったらしい。『ME02のチューニングの合わせ方』の説明はとても分かり易いので一度理解してしまえば何でもないのだが、マトコの場合は1ヶ月に1回程度の練習頻度なので毎回チューニング方法から復習しなくてはならないのだ。新型のマトリョミンQT(Quick Tune)になればこんなずぼらなマトコでも簡単にチューニング出来るようになるだろう。、、、いつまでチューニングをしているのかと思っていたら、途中からは演奏だったらしい。

雑音の隙間からオムトン

  • 2005/07/18(月) 22:35:03

7月1日のエントリーでご紹介したようにNHK FM「サウンドスケープ」で「オムトン&テルミン」が放送されました。準備万端整えて放送を聞き始めたのに、事もあろうか電波の状態が最悪で、雑音の隙間からポンカラリンという音が漏れ聞こえてくるといった状態。テルミン大学佐藤教授のテルミンもアレがそうだったのかな?と思う程度で、とにかく散々な音環境でした。霞ヶ浦南岸って電波状態がとにかく悪い地域みたいで、我が家の地区も先日成田空港の電波障害対策のため公費でケーブルテレビを入れてくれるまでNHK総合もまともに見られない状態でした。

新型マトリョミン、おまけがあるの!?

  • 2005/07/16(土) 06:22:09

最近見つけたテルミニストはいたにさんのブログ『やっテルミンものだな・・・』。最新エントリーは「マトリョミンME03」の紹介。「買うと小さなマトリョーシカ型オルゴールが付くとか。しかも流れる曲が「モスクワ郊外の夕べ」らしいんですよ。」とある。本当なの!出荷が遅れている初回生産分限定のおまけ、ってこと?これも見てみたい。ともかくwasanegiのところへ「マトリョミンME03」が届けば分かることだ(wasanegiよ、君は出張が多いから我が家へ届くことにしておいてもいいんだぞ)。

音域と音量変化幅の調整についての情報

  • 2005/07/13(水) 22:12:44

「出荷状態のままのイーサウェーブテルミン(Etherwave Theremin)の音量変化特性はほぼ例外なくダメで、コイルのコア調整は必須」だそうです。このことは以前どこかで耳にしたことがありましたが、調整に失敗したときにまわりに助けてくれそうな人がいないので作業を保留していました。こちろうさんがブログでその調整方法を写真入りで解説してくれたので挑戦してみようと思いますが、こちろうさんのアドバイスに従い、たっぷり時間があって精神的余裕もあるときに取り組みたいと思います。ということで今はちょっとだめです。

しつこく、足マトリョミン

  • 2005/07/11(月) 15:53:22

昨日は「足マトリョミン」のエントリーを書きながら、我ながら馬鹿なことをしているなぁと思っていたのですが、今はちょっと考えが変わりました。世の中には手が自由に使える人ばかりではありません。テルミンもマトリョミンも多少指が不自由な人でも演奏できそうなので他の楽器に比べると遙かに自由度はあると思います。それでも腕を動かせない人にはやはり無理でしょうか。いえいえ、練習すれば足でも十分マトリョミンを演奏できますよ。もしも腕が不自由で楽器の演奏を諦めている方がいたら、足マトリョミンを紹介して下さい。(もっともそういう人は足の機能がものすごく発達しているので他の楽器でも演奏できるでしょうが。)

足マトリョミンの保持の仕方

  • 2005/07/11(月) 15:50:00

前のエントリーの写真のように下に置いてアース線を掴んでおく方法の他に、(1)左足の甲に乗せる、(2)左手で普通に持つ、などが考えられましたが、(1)はマトリョミンが転落してオーナーであるマトコの逆鱗に触れるのが落ちなのでやめました。(2)も考えたのですが左腕を目一杯伸ばしても右足のピッチ軌道が十分取れないので諦めました。

足マトリョミン試奏

  • 2005/07/10(日) 23:47:55

スタイロさんのブログ『電柱のある景色』の最新エントリー「自主練」に眠り猫さんが「ちょっと今日、足でテルミンが弾けるか試してみます。寺山修司ばりになるか?それともタコが踊っているように見えるのか?足がつりそうな気も致します。」とコメントしていました。
足マトリョミン

手テルミンもろくに演奏できないテルオとしては、テルミンでなくマトリョミンで足マトリョミンを試してみました。ふむふむ、マトリョミンを始めた頃よりはだんぜん上手に音が出ている。でも、眠り猫さんも書いているように、浮かしている足がつりそうになりました。足テルミンは確かにタコ踊りのようになるかも。

(註)マトリョミンから出ているコードはアース線です。

職場に隠れテルミン・ファンを2名発見!

  • 2005/07/10(日) 12:49:43

今日知ったことだが、どうやら職場に隠れテルミン・ファンが少なくとも2名はいるようだ。単に私が知らなかっただけでご本人たちは別に隠れていたわけではないのだろうが、あちらはあちらでwasanegiのブログを見つけて「職場にテルミンやってる奴がいるようだ」と思っていたそうだ。この2名をへなちょこテルミンクラブへ引きずり込めれば、今後の大躍進への道も開けよう。

ただいまパワーダウン中

  • 2005/07/08(金) 19:46:31

最初のうちは快調にエントリーをアップしてきた我がブログだが、ここへ来てピタッと更新が止まってしまった。テルミンの練習をする時間が全くなくなってしまったというのが一番の理由だが、新しいネタを探す時間も無くなっているというのが最大の理由。今時間を取られている作業が一段落するまでは細々と続けます。

NHK FMで「オムトン&テルミン」

  • 2005/07/01(金) 06:17:40

6月25日に開催されたテルミン大学創立記念コンサート「移動コンサート 夜光虫」、みなさんのレポート(佐藤教授こちろうさんスタイロさんときわさん)を読むとたいへん楽しいものだったようで、こういう催しを見に行けないのを残念に思いました。コンサートを共催した打楽器アンサンブル「オムトン」も評判でしたが、7月18日NHK FM 18;00~18:45「サウンドスケープ」で演奏を聴けるそうです(ご案内はこちら)。佐藤教授も1曲テルミンを演奏されるそうで、こちらも聞き逃せません。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。