スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コレクションで終わらせないように

  • 2005/03/30(水) 17:44:29

映画『テルミン』公開、竹内正実さんのNHKロシア語講座出演映画『MOOG』公開高円寺「円盤」でのフレンズオブテルミンの活動柏そごうに於けるような各地での演奏会などなどテルミンの認知度を高める機会がどんどん増えている。明日は竹内さんとマトリョミンアンサンブル「マーブル」がNHKに出演する。全国枠での放送はさらにテルミンの知名度をアップするに違いない。これを皮切りにテルミンが売れまくり、品薄になってしまうってなことが起きないだろうか。心配なのでその前にEtherwaveThereminを注文してしまった。3月1日、「3月は緊縮財政で行きます」と言った舌の根も乾いていませんが。テルミンコレクションで終わらせないようにしっかり練習しよっと。

スポンサーサイト

『テルミン エーテル音楽と20世紀ロシアを生きた男』

  • 2005/03/29(火) 07:34:59

村の図書室に頼んでおいた『テルミン エーテル音楽と20世紀ロシアを生きた男』(竹内正実著 岳陽舎 2000年)がようやく届いた。050327s.jpg

レフ・テルミン氏の数奇な生涯とその魅力を描いた映画『テルミン』も十分面白かったが、この本はさらに詳細にテルミン氏の一生を伝えている。その人生はまさに小説よりも奇なりを地で行くもので、テルミンという楽器は彼が生み出した数々の奇想天外な発明機器の中の一つに過ぎないことが分かる。ただし、トランジスタ化されたとは言え原形のまま時代を超えて生き残ったのはクララ・ロックモアという演奏家によるところが大きいのだろう。

マトコ、一夜漬け(後日談)

  • 2005/03/27(日) 23:43:53

マトコが友人の送別会でマトリョミンのへなちょこ演奏を披露するためにお得意の一夜漬け練習を始めたことは3月23日のエントリーに書きました。今日がその当日。
0503272s.jpg

そういえばこちろうさんとニチェボーのみなさんも今日は柏で演奏を披露する晴れ舞台でしたね。こちろうさんマキさんときわさんのブログを見るととても盛況だった様子が伝わってきます。一方、マトコはどうだったかというと、演奏する前に酔っぱらってしまいマトチャンをディスプレイするだけで終わったようです。帰宅したマトチャンを点検したところ、アンテナクリップがはずれていたから音も出なかったことでしょう。

フレンズオブテルミン

  • 2005/03/26(土) 18:26:01

2月6日の高円寺「円盤」でのマトリョミン演奏会へ行ったことをきっかけに、テルミンについての知識や情報が格段に増えた。
050326s.jpg

そのときに知ったフレンズオブテルミン、失礼ながらホームページを見る限りでは最近はあまり活発に活動しているとは思えないが、田舎暮らしゆえの情報不足を少しでも補えるかと思って入会することにした。でも、送られてきたIDとパスワードでは会員専用ページへ入れないんですけど。Macだからダメなのか、はたまたブラウザがSafariだからだめなのか?

マトコ、一夜漬け

  • 2005/03/23(水) 22:34:06

友達の送別会でマトリョミンを演奏する気になったマトコですが、これまでほとんど練習をしたことがない。
0503232s.jpg
なのにいきなり『モスクワ郊外の夕べ』と『惜別の歌』を選曲してきた。まぁ、さぐりさぐりの演奏の方がかえって素人の余興としては笑いが取れるよと励ましておいた。

ラッキー!『テルミンコレクターズBOX』

  • 2005/03/23(水) 20:16:02

超ラッキーだったのかも!『テルミンコレクターズBOX』[初回限定版](映画『テルミン』+テルミン演奏のすべて:クララ・ロックモア&リディア・カヴィナ+クララ・ロックモアDVDとCD3枚組)が届いた。
050323s.jpg

数週間前からネット上のショップをあちこち回っては在庫切れの返信を虚しく受け取っていたのだが、漸く紀伊國屋書店BookWebで手に入った。これは取りあえず持っていて損は無さそう。とくに講師不在の我が「へなちょこテルミンクラブ」にとっては貴重な視聴教材ってところ。

若き友人の新しい門出のために猛練習を、、、

  • 2005/03/23(水) 00:09:00

職場関係の若い友人が近々結婚する。披露宴とは別に気兼ねのない仲間と新居でパーティーを計画していると言う。そこへお招きいただいたお礼に、ぜひ普段の練習の成果をご披露したいと思う。1ヶ月ほどありそうなので猛特訓開始だ。ここでもやっぱりパートナーはマトチャンか!
★ところでみなさま、新婚のお祝いに相応しく、且つマトリョミンで手軽に演奏できる曲を教えて下さい。やっぱり定番、ラブミー・テンダーってとこですか?

雑誌『relax』にマトリョミン制作の写真

  • 2005/03/20(日) 18:56:18

雑誌『relax』4月号の「楽器を買いに行きましょう!」特集の中にマンダリンエレクトロンの工房でマトリョミンを制作中の竹内正実さんの写真が載っています。
0503202s.jpg

そうか、我が家のマトチャンはこういう雰囲気の中で竹内さんの手のひらの中から誕生したのか。感慨深いなぁ。その他、Rock on Companyというお店のお勧め商品がEtherwaveProThereminでした。それに加えて『騎馬オペラ・ジンガロ』リーダーのバルタバスの記事が載っていたとは意外なおまけでした。
[最初の情報は「クリテツのテルミン日記」からいただきました]

へなちょこテルミンクラブ第1回練習会

  • 2005/03/20(日) 13:01:31

「へなちょこテルミンクラブ」は現在メンバー3名なのだが、会員番号3番の平会員wasanegiの前ではじめてマトリョミン公開。
050320s.jpg

マトリョミンは箱から取り出すだけで最初のつかみができるという点が優れていますね。そしてチューニング中のウーウー言う声で観客はすでにけっこう楽しんでくれる。さらに音楽らしき演奏ができた日にゃもう大演奏家!
最後に、wasanegiもちょっと音を出してみました。どうだ、欲しくなっただろ~?

NHKの「お昼ですよ!ふれあいホール」にテルミン・マトリョミン出演

  • 2005/03/19(土) 18:18:11

マトリョミンオーナーのマトコへ送られてきたMandarin Electron Mail News vol.87, 2005.3.18によると、3/31(木)NHK総合テレビ「お昼ですよ!ふれあいホール」(12:20-12:43)に竹内正実さんとマトリョミン・アンサンブル「マーブル」が出演予定だそうです。録画しておこうっと。

4月からのNHKラジオロシア語講座

  • 2005/03/18(金) 18:55:03

この4月からのNHKラジオロシア語講座応用編に竹内正実さんがレギュラー出演されます。
050318s.jpg

2004年の再放送なのですでにお聞きの方もいらっしゃると思います。私はロシア語講座は聴いていませんが、マトコが以前から聞いていたことがきっかっけで竹内さんを知りました。テルミン演奏もテレビロシア語会話の中で見たのが最初でした。
今回のラジオ講座を機会にロシア語の勉強を始めるというのもいいかも。

映画『MOOG』、見に行けるかも

  • 2005/03/16(水) 22:07:29

田舎暮らしのためなかなか都会へ出る機会が無いのだが、4月3日(日)の夕方は木場公園へ『騎馬オペラ ジンガロを見に行くことにしている。
photo_1s.jpg

その後、渋谷へ移動して映画『MOOG』を見ることができそうだ。2本立はきついがこれが唯一のチャンス。

お待ちかね、これがビヨヨ~ン画像

  • 2005/03/14(月) 22:53:00

ラインアウト端子がビヨヨ~ンと抜けてしまったというお話しを3月12日のエントリーに書きましたが、竹内社長直伝の対処法をこちろうさんがコメントに書いてくれました。その方法に従って接着剤を買ってきたので貼る前に端子を引き出しました。せっかくの機会だからビヨヨ~ンと出たところの写真を撮しておきました。こんな感じです。これでこのエントリーを読んだ方は驚かないですみますね。
050313s.jpg

タイム スリップス アウェイ 訪れざりし未来

  • 2005/03/13(日) 18:09:00

竹内正実さんのCD『タイム スリップス アウェイ 訪れざりし未来』が届く。
0503132s.jpg

プロの音は違うな。音がふにゃふにゃしないもんな。「Torpedo」なんかどんな風に演奏しているものか目でも見てみたいものだ。それにしてもこんな独特な音色の楽器が日本ではなんでこれまで注目されなかったのだろうか?

「フレンズオブテルミン」および「テルミン・竹内・猫暮らし」に掲載されているこのCD『訪れざりし未来』の制作について竹内さん自身が語った記事も興味深いです。読んでから改めてCDを聞くと音がまた違って聞こえてくる。

ラインアウト端子がビヨヨ~ン

  • 2005/03/12(土) 17:57:05

マトリョミンのおしりの所にある外部出力用のラインアウト端子、ピンプラグがきつかったようで抜いたら端子ごとビヨヨ~ンと抜けてしまいました。幸いコードは切れてなかったのでマトリョミンオーナーのマトコに見つからないうちに押し込んでおきました。それにしてもビックリした。
050312s.jpg
さすがに写真を撮すためにもう一度引っ張り出す気になりませんので写真は押し込んだ後のものです。近い内にマンダリンエレクトロンに問い合わせてみます。

初代のマトリョミン、製造終了

  • 2005/03/11(金) 21:54:55

今、マンダリンエレクトロンのページを見ていたら、現行型マトリョミン(ME02)は製造が終了し、新型マトリョミン(ME03)へ変わるという重要なお知らせが書かれていた。チューニングが簡略化される代わりに1万円ほど高くなるそうです。がちょ~ん!2台目マトリョミン、ちょっと遠のく、、、
現行型でもコツさえ掴めばけっこう手早くチューニング出来ます。マトリョミンチューニングの合わせ方のページにその方法が書かれています。

マトリョミンの頭、ゆるゆるになりませんか?

  • 2005/03/11(金) 21:32:12

腹の出た中年マトリョミン、ではありません。マトリョミンの頭、ゆるくてちょっと傾けるだけで転げ落ちませんか?我が家は構造的に乾燥気味のため冬場になるとマトリョミンの頭がゆるゆるになります。頭がはずれたときにアンテナコードを引っ張ってしまう危険があるのでちょっと工夫をしてみました。
050311s.jpg

少し乾いてから貼ると何度でもはがせるタイプの糊をマトリョミンの胴体側の接触面に薄く塗り、十分乾いてからティッシュペーパーでぱたぱたたたくとティッシュペーパーが適度に付着します。これで接触面の摩擦が増え頭が転げ落ちる心配が無くなります。接触面に糊がぺたぺたと残らないように十分にティッシュペーパーをくっつけて下さい(頭が剥がれなくなっても当方は責任持てませんので)。マンダリンエレクトロンからお叱りが来たりして。

まずは音階跳躍の練習から

  • 2005/03/09(水) 23:15:10

3月4日のエントリー「ただいまの練習レベルは、、、」についてこちろうさんとマキさんからコメントをいただきました。それを参考に音階をパッと取れるようになるための練習からやってます。『テルミンを弾く』の「2-3基本動作」の部分です。
050309s.jpg

付録CDに合わせて右手の位置を何回か練習してから「春の小川」や「浜千鳥」などの楽譜を見て演奏するとなんとなく曲になっています。まぁ、最初はこんなところか。

クリテツさんのテルミン日記がブログになりました

  • 2005/03/07(月) 22:21:42

クリテツさんのテルミン日記がブログ形式に変更になった。最近のブログの普及には目を見張るものがある。私も2年ほど前からブログを知っていたが、テルミンとは別ですが、とある情報ページをブログで開設したのが1年前。テルミン関連でこのブログを開設したのは先月末。みなさん、せっかくブログでやるならトラックバックをどんどん使って情報の蜘蛛の巣を張り巡らしましょう。

ツララモドキ

  • 2005/03/05(土) 22:07:48

昨日は久しぶりに雪が積もった。今朝、軒にツララモドキがぶら下がっていた。
(携帯からの投稿テスト。これで街で見かけたテルミン的な事物もゲットできる)

ただいまの練習レベルは、、、

  • 2005/03/04(金) 21:52:00

テルミン教室や講習会へ行くことができないので、頼りは竹内正実氏の『テルミンを弾く』(岳陽社 2002年 5775円)

therehiku.jpg

1オクターブの跳躍および1オクターブ内の各音階に対応する手と指の位置をはっきりと認識すること、基本はこれに尽きるということでしょう。でも付属CDの音に合わせてこの基本練習ばかりやっているとすぐに飽きてしまいそうなので、自由練習と称して自分の知っている曲を弾き飛ばしても見る。テルミン的な曲とテルミン的でない曲がありそうなのでテルミン的な曲だけをリストアップしてみる。今はまだ左手が使えないのでもしかしたらテルミン的な曲はもっとあるのかも知れない。

ひとりマトリョミンduo「リョン♪リョンズ」(余興)、って何?

  • 2005/03/03(木) 20:23:06

Mandarin Electronから送られてきた「☆賃貸人格氏のマトリョミン、テルミン演奏」のお知らせメール、昨夜届いて今夜演奏会というジャストオンタイムというか遅すぎメールですが、どのみち行けはしないので別にがっかりもしません。でも見てみたい、聞いてみたい、「ひとりマトリョミンduo」って一体何?こちろうさんの「テルミンとJAZZ」には「私は壁越しにわずかに聞こえるその音を、2台のマトリョミンとしか思えなかった。後でその実態を聞いてもにわかに信じがたかった。それくらいびっくりする。なにしろ、一人なのにduoなのだ。」と書かれている。これっていったいどういうこと?

050303s.jpg

ミニテルミンをマトリョミンと仮定して、上の写真の様に2台のマトリョミンを両手で演奏するの?それとも、1台のマトリョミンでホーミーみたいに2台分演奏するの?誰か教えて下さい!

映画『MOOG(モーグ)』、近所で上映されるのか

  • 2005/03/02(水) 21:58:01

都会では映画『MOOG(モーグ)』が上映されているようですね。その魅力について「テルミンチク」というblogでも紹介されていました。見に行きたいなぁ。我が村の近隣の街でもそのうちに上映されるのでしょうか?多くの情報をネットでリアルタイムに共有できる時代になりましたが、こういうところに都市と辺境の差を感じます。

高円寺以前と以後

  • 2005/03/01(火) 08:46:21

2月28日の最初のエントリーに書いたように、2月6日(日)の高円寺「円盤」でのテルミン・マトリョミンとの再会は自分にとってのエポックメイキングとして記憶されるだろう。「高円寺以前」と「高円寺以後」という表現、ときどき使うかも知れないが誰にもわからないですね。その度最初のエントリーを参照してもらわないと。
(なかなか練習日記本題が始まりませんね。長~いプロローグが終わった頃には練習から脱落していたりして)

高円寺以後のテルミン的な買い物

  • 2005/03/01(火) 01:13:29

 2月6日の高円寺から4週間、この間怒濤の如くテルミン的な買い物をした。

 まずは竹内正実著『テルミンを弾く』を購入。

 XecooMiniTheremin XMT-2EtherwaveThereminまたはその組み立てKitがベストチョイスなのだろうが、この先本格的にやるのかどうかも分からないし、鞄の中からヒョイッと取り出してちまちまっとテルミンを演奏するなんていうシチュエーションがけっこう面白そうなのでこの機種にしてみた。値段的にはけっして安くはないのだがXMT-2開発者のセンスとコンセプトに共感した。

thermatpigs.jpg


 そして、超小型のアンプ。Pignose7-100R。ギターアンプなのでベストチョイスではないのかもしれないが外観が気に入った。低音もわりと出るようなのでまぁいいか。 RolandのMICRO CUBEはエフェクタが付いているのでこちらも良かったのだがPignoseの外観に負けた。

 その他、ケーブルなどの小物を数点購入。以上、かなりの出費になった。3月は緊縮財政で行きます。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。